エフセブン☆わんつーポイント講座

鳥取の出張のできるパソコン/音楽教室、パソコン教室のエフセブンです。 教室で使うネタ、下書きなどをここに書き溜めることにします。 盗まれるようなアイデアが書けるといいなぁと思います。

2015年08月

 「インターネットが繋がらない。」という場合の原因は、ルータのエラーによるものが多い。以前はADSL等モデムのエラーが多かった。今では、ADSLモデムの利用が減ってきたことで、ルータや光ONU、DSUのエラーが比較的増えてきた。

 このエラーの特徴は、同じネットワークに接続されている端末が一斉にどれもインターネットに繋がらなくなるということ。繋がっていないのが1台だけではない場合、まずルータを疑ってほしい。

 ルータのリセットは、難しいことではない。コンセントを抜き差しするだけでいい。ルータの内部には、電気信号を数秒間保持する部品もあるので、コンセントを抜いてすぐに差すのではなく、念のため、10秒程度間をあけるといい。

 リセットの後は、ルータの前面にあるランプを確認する。必要なランプがすべて緑色に点灯または点滅するのに、数分かかる。その後、ネットワークの再接続設定が必要になる場合もあるが、多くの場合、そのまま以前接続されていたときの設定が自動的に読み込まれるのを待てばいい。


岩美町のホームページ
http://www.iwami.gr.jp/dd.aspx?itemid=7342

2015年8月25日のニュースです。

インターネットを含むITを利用して「発信」ということは、インターネットが誕生してからずっと行われてきたことだが、もはや、働き方そのものも、場所を選ばない時代になった。その現代のIT実践をしている企業と岩美町が地方創生を軸に協定を結んだというニュースだ。

何が起きるんだろうか。確実に新しい時代を迎えたんだと思う。

岩美町に美しい自然があり、オン・オフという言い方をすれば、オフの中で仕事ができる環境がずっと1年中ある。これは、地元にずっといると当たり前過ぎて気が付かない。ここで生まれて都会に出ると、オフを得るためにお金を支払う生活が当たり前になる。Uターンして帰った人の中には、そのお金を払うシステムになじめずに挫折して帰ってきた人がいる。そして、帰ってきたはいいが、ここには「何もない。」とあきらめる。

そうではないのだ。ここでは、自然の中で、お金のいらない働き方、生活の仕方ができる。 これからは、その楽しみ、喜びを多くの人が気づくだろう。これは、大きなニュースだ。

28 これまで、パソコン教室のエフセブンで、レッスンや講座で使うテキストを作成するのは、Windows PCでMicrosoft Wordを使って文書を作っていた。Wordは、これまでもずっと使い慣れたソフトであるし、レッスンをするくらいだから、ノウハウもある。一般的によく知られていることだが、見たままを編集する「印刷レイアウト」表示なら、実際の印刷イメージとほとんど変わらない状態で編集を進められて効率的だ。
 Wordから電子文書を作成するのはPDFに出力するのが一般的だ。レイアウトが崩れず、フォントが埋め込まれるなど、印刷イメージそのものの文書を作ることができる。
 しかし、PDF文書は、スマートフォンや小型タブレットだと文字が小さくなって読みにくい。
 そこで、ePub文書を作ることになるのだが、Wordの場合、それが簡単にいかない。もともとWordの場合は、独自の仕様なので、XHTMLが基本になっているePubとの互換性がない。
 そのため、ePubファイルを作成するのには、Windows版のSigilか、MacでPagesを使っていた。Mac版のSigilは、これまで使ったことがなかった。
 さて、久しぶりにSigilを見てみると、現在開発が止まっている。Epub3にも対応していない。Sigil for Macをインストールしてみたものの、出番はなさそうだ。何かいい方法はないものか。


このページのトップヘ