エフセブン☆わんつーポイント講座

鳥取の出張のできるパソコン/音楽教室、パソコン教室のエフセブンです。 教室で使うネタ、下書きなどをここに書き溜めることにします。 盗まれるようなアイデアが書けるといいなぁと思います。

タグ:岩美町

岩美町のホームページ
http://www.iwami.gr.jp/dd.aspx?itemid=7342

2015年8月25日のニュースです。

インターネットを含むITを利用して「発信」ということは、インターネットが誕生してからずっと行われてきたことだが、もはや、働き方そのものも、場所を選ばない時代になった。その現代のIT実践をしている企業と岩美町が地方創生を軸に協定を結んだというニュースだ。

何が起きるんだろうか。確実に新しい時代を迎えたんだと思う。

岩美町に美しい自然があり、オン・オフという言い方をすれば、オフの中で仕事ができる環境がずっと1年中ある。これは、地元にずっといると当たり前過ぎて気が付かない。ここで生まれて都会に出ると、オフを得るためにお金を支払う生活が当たり前になる。Uターンして帰った人の中には、そのお金を払うシステムになじめずに挫折して帰ってきた人がいる。そして、帰ってきたはいいが、ここには「何もない。」とあきらめる。

そうではないのだ。ここでは、自然の中で、お金のいらない働き方、生活の仕方ができる。 これからは、その楽しみ、喜びを多くの人が気づくだろう。これは、大きなニュースだ。

9fae8198.gif

Homepage Manager 1.43について


 今回使用したのは「ホームページ・マネージャ」という無料ソフトです。ダウンロードして、使えるようにするまでは、超初心者のホームページ作成学校を参考にしてください。


 ダウンロードしたプログラムは圧縮して一つのファイルにまとめられていますので、展開(解凍)ソフトを利用してファイルを取り出します。今回は「+Lhaca(プラスラカ)」を使用しました。


ホームページをつくる前の準備


 ホームページは、文章や画像などを別々に保存したものをひとつの画面で見えるように配置したものです。最初に「どこに保存するか」ということを決めておく必要があります。


1.フォルダをつくる


 今回は「デスクトップ」に保存用のフォルダを作りました。フォルダの名前はあとでわかるように自由につけておいてください。今回は「ホームページ」としておきました。


2.プロジェクトをつくる


 ホームページ・マネージャでは、ホームページで使われるファイルをまとめて「プロジェクト」という単位で管理します。プロジェクトをつくると「ホームページマネージャファイル」がひとつつくられます。手順は以下のとおりです。




〔ファイル(F)〕メニュー、新規作成、新規プロジェクト、[参照]ボタン、保存する場所を選ぶ(必要に応じて)、ファイル名を入力する、[保存]ボタン、[OK]ボタン

WYSIWYGで新規ページをつくる


 WYSIWYG(ウィズウィグ)というのは、“What You See Is What You Get”(見たままのものがそのまま得られる)という意味の言葉です。ホームページを作るには、むずかしいHTML(エイチティーエムエル)というプログラムの書き方を守らなければならないのですが、ホームページ・マネージャを使うと、HTMLを意識しないでホームページをつくることができます。


 注意が必要なのは、ホームページのファイル名には、日本語で使われる文字は使えないということです。手順は以下のとおりです。




〔ファイル(F)〕メニュー、新規作成、[新規文書]タブ、新規ページ(WYSIWYG)、[参照]ボタン、保存する場所を選ぶ(必要に応じて=最初につくったフォルダを選ぶ)、ファイル名を入力する(「index」「next」など)、タイトルを入力する(ここは日本語で)、[OK]ボタン

このページのトップヘ